初心者向き、投資信託とETEの違いとは何か

nisa
nisa
こんにちは。
早いですね。もう10月ですね・・。
一週間いや、一ヶ月が早いのなんのって・・・。
驚きです・・・。
毎週同じようなこといってますね・・。
失礼しました。
今回は「投資信託」と「ETF」の違いについて

 

 

ETFとは

ETF(Exchange Traded Fund=上場投資信託)は株式のように市場で取引できる投資信託で、初心者向けのわかりやすい金融商品と言われています。ETFには日経平均株価に連動するタイプの商品や、海外株式に連動するETF、REITという不動産に投資されるETF、金や原油の商品指数に連動するETFといった、数多くの種類の商品があります。

REITについてPaccyさんの記事をご覧ください。

 

投資信託とETFの違い

同じ投資信託としての性質を持っています。

販売する場所の違い

投資信託とETFでは、売買を行う場所が異なります。

投資信託は、運用会社が指定している金融機関でのみ購入することが可能です。そのため、購入したい投資信託商品を取り扱っている証券会社や銀行を選ぶ必要があります。

一方、ETFの場合は、市場を通じて売買することになります。そのため、オンラインもしくはオフラインで証券口座を開設することで購入することができます。

販売手数料が違う

投資信託とETFでは、売買時にかかる手数料が異なります。

投資信託では、購入時には各金融機関が設定した販売手数料が必要になります。また売却時には、金融機関に支払う解約手数料のほかに信託財産留保額の支払が発生することがあります。

一方ETFを売買する場合は、株式の売買時と同じ手数料が発生することになり、その料金は証券会社ごとに異なります。

証券会社によっては、特定のETFの売買にかかる手数料が無料になるケースや、インターネット取引・電話取引などによって手数料が変動するケースがあります。

販売価格が違う

投資信託とETFでは、売買時にかかる手数料が異なります。

投資信託では、購入時には各金融機関が設定した販売手数料が必要になります。また売却時には、金融機関に支払う解約手数料のほかに信託財産留保額の支払が発生することがあります。

一方ETFを売買する場合は、株式の売買時と同じ手数料が発生することになり、その料金は証券会社ごとに異なります。

証券会社によっては、特定のETFの売買にかかる手数料が無料になるケースや、インターネット取引・電話取引などによって手数料が変動するケースがあります。

手数料も違う

投資信託とETFでは、売買時にかかる手数料が異なります。

投資信託では、購入時には各金融機関が設定した販売手数料が必要になります。また売却時には、金融機関に支払う解約手数料のほかに信託財産留保額の支払が発生することがあります。

一方ETFを売買する場合は、株式の売買時と同じ手数料が発生することになり、その料金は証券会社ごとに異なります。

証券会社によっては、特定のETFの売買にかかる手数料が無料になるケースや、インターネット取引・電話取引などによって手数料が変動するケースがあります。

 

信託報酬の価格の違い

投資信託にて資産運用を行う場合に必要になる信託報酬にも違いがあります。

投資信託の場合は、そのファンドを運用する手間がかかるほど信託報酬は高くなる傾向にあります。また、運用方針などによって設定される信託報酬も変動します。

ただし、一般的な投資信託でもETFのような指数に連動したインデックスファンドによって運用される商品の場合は、信託報酬は比較的低くなります。

一方ETFの場合は、日経平均株価や東証株価指数などの指数に連動する仕組みとなっているため、組み込む銘柄や投資対象を選定する手間があまりかからないという特徴があります。

そのため、投資信託と比較すると信託報酬が低く設定されているケースが多いといえます。

還元される配当の違い

投資信託にて資産運用を行う場合に必要になる信託報酬にも違いがあります。

投資信託の場合は、そのファンドを運用する手間がかかるほど信託報酬は高くなる傾向にあります。また、運用方針などによって設定される信託報酬も変動します。

ただし、一般的な投資信託でもETFのような指数に連動したインデックスファンドによって運用される商品の場合は、信託報酬は比較的低くなります。

一方ETFの場合は、日経平均株価や東証株価指数などの指数に連動する仕組みとなっているため、組み込む銘柄や投資対象を選定する手間があまりかからないという特徴があります。

そのため、投資信託と比較すると信託報酬が低く設定されているケースが多いといえます。

 

ETF特有のメリット・デメリット

少額にて分散投資をしたいという方には、投資信託もETFも向いているといえます。

投資信託にはアクティブ運用ファンドが存在するぶん選択肢が広い一方、換金や解約に制限がある点は留意する必要があります。対してETFは市場で自由に売買ができるぶん、値動きに様々な影響が出ることになります。

自分がどのような投資をしたいのか、その投資スタイルに合っているのはどちらなのか、を基準に投資信託とETFどちらに投資するかを判断する必要があるといえます。

どちらが正しいということではありませんので、しっかり比較検討することが大切です。

 

まとめ

投資信託とETFにはそれぞれに特徴があります。メリットやデメリットをよく比較して、どちらが自分に合っているのが判断するようにしましょう。場合によっては両方を組み合わせることも可能です。

このような投資商品ごとの違いについて勉強しながら、自分にピッタリの運用方法を探していきましょう。

 

nisa
nisa
やはり、初心者はリスクの低い投資信託がおすすめになりますよね・・。

最後までおつきあいありがとうございます。
また、お会いしましょう。

 

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。