不動産信託投資 リート(REIT) 大江戸温泉は大人気?!

こんにちわ!

インベスターラボ 月曜担当の Paccy です。

今週も

投資がスキ!

研究がスキ!!

の皆さんに、

不動産信託投資 REIT(リート) 

についてお伝えしていきます。

さて今週はPaccyが実際に投資を始めた投資口について説明をしたいと思います!

それは、、、(タイトルにありますが・・・)

大江戸温泉リート

です。

 

前回、私が実際に投資している金額や現時点の配当金、そして驚愕の利率についてお伝えてしました。

ちなみに、配当金ですが、こんな感じで書類が送られてきました!

なんか、株主とか、オーナーになった気分で、

お金よりもその優越感が嬉しいですねw

そして、投資口をもっているからこそ送られてくる

資産運用報告書

正直、中身をみてもすべてのことを理解できているわけではありませんが、

大江戸温泉の戦略的投資やキャッシュフローについては

なかなか興味深く見させて頂きました!

そして、そして、そして、

このチャートは先週末9/25(金)の終値です。

9/18(金) 終値 65,600円

9/25(金) 終値 67,900円

+2,300円!(+3.5%)

この1週間は結構値上がりましたね!スゴイ!

きっと、GOTOに東京が追加になることも影響しているのか?といった感じです。

その他リート銘柄も値上がりしているので、

コロナの影響を受けつつも、ちょっとづつ回復している感じです。

でも、今まさに「第3波」が危惧される中では、

ホテル系は様子を見ながらでもいいかもしれませんね。

ただし・・・

この大江戸温泉が大きなリスクを抱えているのも事実です。

それは・・・

築年数

なんです。なんと、大江戸温泉・・・

平均築年数が39年なんです・・・

全REIT 62銘柄中で、ダントツの最下位です。

これって、何を意味しているかというと・・・

最大の敵は「地震」と、いうことです。

ご存じの通り、日本は地震大国です。

ちょっとこれを見てください。

今後の日本での地震予想のMAPです。

そして、これ。大江戸温泉の物件のMAPです。

ちょっとサイズが合わないのですが、面白いことをしました。

九州地域はかぶらせることができなかったのですが、

本州は大方かぶらせることができました。

これ・・・地震予測MAPで赤くなっているところに、

物件MAPの赤い点が・・・

といった状況です。

39年前だと、当たり前ですが、耐震基準は古いものとなります。

そして、完全倒壊することはないとおもいますが、

例えば、温泉をくみ上げるポンプが破損した、

例えば、フロントが部分が全倒壊した、

といったことがあれば、当然ながら、温泉施設しても、ホテルとしても、

営業ができるような状態にはなりません。

本当にこれがリスクです。

なので、正直なところ、今以上の投資口(今は2口)をもつことには少し遠慮している状態です。

また、施設が古い!ってことは・・・

修繕費

もけっこうかかるようなイメージありますよね??

私の自宅は築20年の一戸建てを買ったのですが、、、

屋根の補修・外装の補修・洗面所・トイレ・蛇口・・・と、

この3年で大きな修繕が発生し、500万以上使っています・・・

古い施設ってやっぱりコワイ!と思う方もいると思います。

その時は、必ず「決算説明書」を読むようにしてください。

この時に、「会社は現金をもっているか?」

この点に注意することが必要かとおもいます。

そういう意味では、大江戸温泉は、現金として・・・

22億円を持っていることになってます。

これは前期とほぼ同額です。

また、株式の余剰金(内部留保)も5億ほどあります。

ここは常にみていきたいとことです。

この現金が減っているということは、何かしらの投資にお金を使っていることになります。

このあたりも常にチェックをしていきたい内容になります。

 

はい!今週はここまでです。早くコロナもさって、安心して旅行がいけるような日々が来ればいいですね!

では、また来週!チャオー!!

 

★★次回予告★★

次回はもう一つの投資先である、GPL投資法人について報告したいとおもいます。少し買いの時期が遅かったのですが、それでも十分に利益がでそうな投資口であり、Withコロナ時代の主役であるネット通販のベース(倉庫)として活躍している投資口になります!期待大です!!!

*このブログでは、「この銘柄が良いから今のうちに買った方がいい」などの、勧誘活動は一切行いません。投資はすべて自己責任となりますので、ご自身でしっかり判断してから、投資を行っていきましょう。

 

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。