レバレッジとは?FXの魅力~効率の良い資産運用

こんにちは。

インベスターラボ 水曜『FX』担当、明人(あきと)です。

朝晩が涼しくなって、過ごしやすくなってきましたね。季節は秋。芸術の秋、食欲の秋、読書の秋などなど、いろんな秋がありますが、あなたはどの秋が好きですか?

さて、今日は、「レバレッジ」について、できるだけ分かりやすくお話ししていきますね。

レバレッジとは?

レバレッジ(leverage)の意味は、「テコ」の事で、少ない力で大きなものを動かすことができる「テコの原理」って聞いたことあるでしょ。まさに、投資の世界では、少ないお金で大きなお金を動かすことができるのが「レバレッジ」と呼ばれています。

「テコの原理」って、小学校の6年生の理科の授業で習うんですよ。覚えてますか?

棒を使って、小さな力で重いものを動かす仕組みですよね。力点と作用点ってあったでしょ。そう、あれですあれ。

このレバレッジを活かすことで、自力では動かせなかったものを動かすことができる。つまり、力点となるのが自己資金で、作用点となるのがレバレッジを効かせた取引となるわけです。

最大レバレッジ25倍!

FX取引の大きな特徴として、少ない資金で大きな取引ができるのが「レバレッジ」でしたね。あなたが、FX会社に預けた資金を担保に、預けた資金の何倍もの取引ができるのが「レバレッジ」という仕組みなんですね。

例えば、100万円の取引をしようとすると、100万円の資金が必要ですよね。でもFXの場合、最大25倍までレバレッジをかけることができるので、4万円の資金があれば、100万円の取引ができるんです。すごいでしょ。

では、資金が100万円の時に、レバレッジをかけないパターンとかけたパターンを比較してみましょう。

買い値1ドル=100円で円安が進み、1ドル=110円になったとします。

レバレッジをかけない場合

100万円で1万ドルを購入
1万ドルを110万円で売却
110万円―100万円=10万円

10万円の利益となります。

 

レバレッジを25倍かけた場合

100万円で2500万円の取引ができるので、

2500万円で25万ドルを購入
25万ドルを2750万円で売却
2750万円ー2500万円=250万円

250万円の利益となります。

 

分かりましたか?レバレッジをかけただけ、その倍率分の利益が発生するということです。

つまり、レバレッジを利かせることで、効率的に資金を増やすことができるんです。

しかし、相場の変動に伴うリスクも、その分大きくなりますので、資金は余裕をもって取引しましょうね。

レバレッジを高くすれば、その分ハイリスク・ハイリターンとなります。リスクに対する様々な仕組みが備わっています。

例えば、証拠金維持率が一定水準まで悪化した時にお知らせしてくれる機能だったり、ロスカットという取引ルールで、強制決済が施行されたりします。

ここで関わってくる、「証拠金」や「ロスカット」については、別の機会に解説しますね。

とにかく、レバレッジは、安易に高くするのではなく、まずは、小さい倍率から始めるのが良いと思います。FX初心者はレバレッジ3倍以下にするのがおススメです。

確かに、小資金から始められるメリットはありますが、初心者の場合、対応が遅れたり、リスクヘッジしていなかったりと、ぬけ落ちてしまうことも多々あるので、倍率を低く設定しておくと良いですね。

また、FX会社によって、倍率も様々です。例えば、「1倍」「2倍」「5倍」「10倍」「25倍」という風に、いくつかのパターンがあります。1倍刻みというわけではありません。

この場合だと、FX初心者は、「1倍」か「2倍」にしておきましょう。そして、慣れてきたら、倍率を上げていくと、いざという時にも対応できるだけの知識や知恵も付いてくると思います。

ぜひ、メリットを活かしたレバレッジをかけていくようにし、少しでもデメリット(リスク)を減らせるようにしていきましょう。

ここで、どのくらいの資金があれば良いのかを見てみましょう。

通貨ペアのレート×取引数量÷レバレッジの倍率=必要資金

米ドル/日本円
通貨ペアのレート 100円
取引数量 1万ドル
レバレッジ 2倍

100円×10,000ドル÷2倍=500,000円

 

この場合、50万円をFX会社に入金すれば取引が開始できます。

倍率をかけない「1倍」にすると、100万円必要ですが、50万円あれば始めることができます。倍率が「3倍」ならば、1/3の資金で始めることができるので、33万円ほどで始めることができるというわけです。

 

いかがでしたでしょうか?

米ドル/日本円の場合は、少額とは言えないかもしれませんが、もっと低レートの通貨ペアなら、少額でも始めることはできますよね。

また、必ず資金を入金する前に、FX会社には「デモ口座」と言って、ゲーム感覚で自身の資金を使わずにFXを体験できるツールもありますので、ぜひ、そちらを活用して、本番さながらの体験をしてみてくださいね。

また、自身の資金でFXをやってみようという方は、必ず余剰金で行うようにしましょう。

また、わからないことがあれば、いつでもコメントくださいね。

 

焦らず、少しずつ学んでいきましょう。

そして、一緒に稼いていきましょう。

それでは、また次回もお楽しみに。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。