ペイアウト率は実際の取引にどう影響する?

こんにちは!南国でなまぬるい生活をしております、ことぶきです!
たまにザ~っと降る雨によって湿度が高く、気温も生ぬるい・・・、いえ、毎日超暑いです。サウナいらず。

個人的には、だんだんと夜間のヤモリの合唱にも慣れてきたな~っていう
どーでもいい前置きは抜きで本題にいきたいと思います。笑
(ちなみに、ヤモリは家守と書きます。知ってました?私知りませんでした。)

前回の「バイナリーオプションとFXの違い」から気になった、ペイアウト率についてですが・・・

ペイアウト率が実際の取引にどう影響するのか?というところを書きたい・・・ので、
まずは、バイナリーオプションにおける損益分岐点も交えて、回りくどく解説していきたいと思います。ほんとにそれでいい?

ペイアウト率と損益分離点

損益分岐点・・・損するのか、利益になるのか分かれるポイントのこと。

損益分岐点を知ることで、どのくらい勝てば損をしないで済むのかがわかります。
そして、損益分岐点に達していた場合、損切をしたり、やめるタイミングを見つけることができます。
要は、予めの対策ができる、と。(書くのは簡単です。タイプするだけ。笑)

で、その損益分岐点を出すために必要になってくるのが、ペイアウト率となります。

(やっと出てきた。)

ペイアウト率・・・バイナリーオプションで投資した金額に対して予想が当たった時にいくら戻るのかをパーセンテージか倍率で表示したもの。

バイナリーオプションは、数時間後のレートが今の価格よりも上がる(High)か下がる(Low)かを予想し、金額を入力して購入していきます。
予想が的中した場合は、もちろん利益を得られますが、ペイアウト率の数字の大小によって利益差が生じるため、ペイアウト率が高い業者を選ぶことが重要になってきます。

ただし!取引業者によっては、1.7倍から30倍近いものまでありますが・・・、ペイアウト率は高くなればなるほど勝ちの難易度も上がってきます。ちなみに、高い倍率の所は条件が複雑で、結局勝率が低い様に出来ているようです。
(一見利益を出せそうだけど、それは大間違いってことでしょうね・・・。)

安定して結果を出し続けるには、1.8~2.0倍(180%~200%)位の取引業者を選ぶのがお勧め、という記事はどこかで見かけましたが、各取引業者さんのペイアウト率についてはとりあえず置いといて、損益分岐点に話を戻します。

損益分岐点の計算方法

まず、バイナリーオプションの勝率を計算します。
計算式は以下の通りです。

100÷ペイアウト率=損益分岐点

例えば・・・ペイアウト率が1.8倍の場合は
100÷1.8=55.55555555555556・・・

なので、ペイアウト率1.8倍で利益を上げるには、勝率55.5…%は必要ということになります。
そこから、実際に取引した分の勝率を照らし合わせると、今自分がどのくらい損をしているのかがわかります。

実際の取引から割り出される勝率計算は以下の通り。

勝った回数÷エントリーの数×100=%

必要な勝率よりも実際の勝率が低い場合は、いつまで経っても利益は出ないので、対策を練りなおしてから挑みましょう。

損益分岐点でどこから利益がでるのか確認をした後は、実際にどのくらい取引をするのか回数を決めておき、無駄に資金を消費しない取引をする。(書くのは簡単です。タイプするだけ。笑)
エントリー回数を限定させておく、というのは冷静な判断ですよね。

ペイアウト率で損益分岐点が変わっるってよ

損益分岐点についてざーっくり書きましたが、業者さんによって計算方法や求められる勝率が違う場合もあるので、その都度計算しておくのが良さそうです。

ペイアウト率の一例

ペイアウト倍率:1.0倍 ⇒ 1000円の投資で、勝ちなら1,000円の払い戻し。負ければゼロ。
ペイアウト倍率:2.0倍 ⇒ 1000円の投資で、勝ちなら2,000円の払い戻し。負ければゼロ。
ペイアウト倍率:5.0倍 ⇒ 1000円の投資で、勝ちなら5,000円の払い戻し。負ければゼロ。
ペイアウト倍率:10.0倍 ⇒ 1000円の投資で、勝ちなら1万円の払い戻し。負ければゼロ。

1.0倍なら、1000円の投資で1000円の払い戻しなので、利益はゼロ、10.0倍なら、9,000円の利益となります。

ペイアウト率は業者によって固定型・変動型の2通りある

ペイアウト率についてさらに知っておくべき重要なポイント、バイナリ―オプションのペイアウト率は、大きく分けて固定制と変動制の2通りあります。
ペイアウト率が業者選びの指標となるため、複数の業者とペイアウト率をじっくり比較しながら、慎重に判断して選ぶ必要が出てきます。ちなみに、国内業者はペイアウト率変動が多く、海外業者はペイアウト率が固定されていることが多いようです。

ペイアウト率の固定・変動のメリット・デメリット

結論からいうと、私のようなバイナリーオプションの初心者は、ペイアウト率固定が良さげだなと思いました。
理由は以下の通り。

ペイアウト率固定のメリット・・・利益の金額が把握できるため安心感がある
ペイアウト率固定のデメリット・・・大きな冒険をしたい人には物足りない
ペイアウト率変動のメリット・・・固定された業者より利益が高くなる場合がある
ペイアウト率変動のデメリット・・・ペイアウト率に格差が生じるため安定しない

ペイアウト変動型は、極端に言えば投資というよりは投機・ギャンブルに近いイメージのため、少額資金で無理のない投資をしたい私には、ペイアウト変動型での取引は不向きと思いました。なので、ペイアウト率固定型一択。
(個人的には、です。このあたりは好みというか向き不向きなのかも。)

ハイローストラリアが良んでないかい?

ここまで、つらつらっとペイアウト率について書いてきました。そして、個人的にはペイアウト率は固定型の業者さんが良い、というところまできました。
いろんな業者の比較、ということも記事に出来はしますが、私はひとまずハイローオーストラリアで取引を行っていこうかなと思っているので、業者さんの比較は割愛っ。
ハイローオーストラリアと言えば、世界中のバイナリーオフーションの投資家の間では知らない人がいないと言われるほどの存在で、有名どころのようです。

なので、次回は「ハイローオーストラリアについて」ということで記事を書いていこうかなと!思います♪

(後半、ものすごく畳みかけるような書き方になってしまいました。笑)

そういや、冒頭でヤモリの話題を書きましたが、
夢占い的に、白い色や黄色のヤモリが印象的な夢を見たら、金運や対人運が上昇している事を意味するんだそうです。
なので、白い色や黄色のヤモリ画像を目に焼き付けてから寝てみましょうかね。

・・いや。

せっかくこのインベスターラボで投資知識を蓄えている最中ですし、
(金運もあるに越したことはないけど)お金に関する知識をたくさん付けて、お金を増やす方法を実践して掴んでいきましょう。
運みたいなまぐれや奇跡、偶発みたいなのに頼るのではなくね。

と、いうことで、ぬるい生活してる割にギラギラしている?ことぶきでした♪
それでは、また来月曜日に!

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。