High&Low

バイナリーオプションとは何か?

はじめまして!ことぶきと申します。
このインベスターラボで、「バイナリーオプション」という投資について、毎週金曜日に記事を更新していきたいと思います。

まずは簡単な自己紹介をさせていただきます。^^

私は今、日本列島から遥か彼方に存在する、楽園の様な離島に住んでいます。
(ヒントはコーヒーベルト・・・だいぶ限られてきますね。)
2020年7月現在で、移住してから半年を過ぎたところでしょうか。
今の場所の前は奄美大島に住んでいました。(現在は奄美大島では無いってことですね。)

そんな私には、夢があります。

それは・・・「母の生まれ故郷のような小さな南国の島にシェアハウスを建てること」です。
ちなみに私の母の生まれ故郷も日本の離島になります。
ガソリンスタンドやコンビニエンスストアのない、本当に小さく、そして人口の少ない島。

そのような場所にシェアハウスを建てること。それが現在の私の夢になります。

まぁ、そのためにはいろいろと準備が必要になるわけですが・・・

ぶっちゃけると「2,000万円」は必要だな~という漠然とした数字の目標がありまして。

ということで、資金を増やすために”投資”にチャレンジ。(だいぶ道のり長いぞ大丈夫か?)
そして・・2017年に小山編集長との出会いをきっかけに投資について自分なりに情報収集をはじめていくわけです・・。
はじめは、仮想通貨もチャレンジしてみましたが・・この手のブログ読者の方ならご存じかとは思いますが、
例の大きな事件(2018年1月26日、仮想通貨取引所「Coin●heck」が外部からのハッキング攻撃を受けたことによって、580億円相当の仮想通貨「NEM(ネム)」が盗難された)でちょっと怖くなったのもあり、仮想通貨のトレードからは距離を置くことにしました。

で。次は「バイナリーオプション」と。

もともと、小山編集長がバイナリートレードをしていたこともあり、
そこから知識を得る方法などを共有していただきました。最初の一歩ってやつですね。

と、前置きが相当長いので、さっさと「バイナリーオプション」についての話題を書きたいと思います。笑

バイナリーオプションとは?

バイナリーオプションは、今まで投資をした事がない人でも簡単に参加出来る投資の登竜門とも言われているそうです。

私の場合は言葉の意味からわからなかったので、まずはそこから。

バイナリーオプションと言う言葉、それを分解すると
バイナリ(binary)=二進法
オプション(option)=オプション取引(デリバティブの一部)

正直、私はこれだけじゃよくわかりませんでした。笑

・・・デリバティブってなにさとかもね。

デリバティブとは
より基本的な資産や商品などから派生した資産あるいは契約である。金融派生商品(英: financial derivative products)とも言われる。(Wiki引用)

オプション取引とは
景気や相場の良し悪しに関わらず、相場が上がっても(up↑)、下がっても(down↓)、まったく変わらなくても(side→)、どの局面でも利益を出すことができる「投資手法」のことで、「金融商品」そのものではなく、オプションという権利を売買する「権利取引」です。

  • 買う権利・・・コールオプション
  • 売る権利・・・プットオプション

バイナリーオプションは、

つまり「0」か「1」かの二者択一・・
2択を予測して選ぶ(価格が高くなるか、安くなるか)の投資取引。と。

例えるなら、トランプのハイ&ローというゲーム。
めくったカードの数字が大きい方が勝ちというシンプルなトランプゲームがありますが、バイナリ―オプションも考え方は同じで価格のHigh&Lowを予想をしていきます。

バイナリーオプションは、数時間後のレートが今の価格よりも上がるか下がるかを予想する取引方法

例えば、現在1ドル=105円の為替レートが2時間後に上がると予想します。
予想通り価格が1銭でも上昇したら利益確定、逆に1銭でも下がれば掛け金はすべて没収になります。

当たれば掛け金が約2倍、外れたら0という二者択一のシンプルな仕組み、と。

同時に、バイナリーオプションはどんな投資初心者が取引を行っても、勝敗は完全に二者択一となるため、勝率は必ず50%近くに収束する投資方法であるとも言えます。(私の様な単細胞でもとっつきやすい、・・はず。)

バイナリーオプションの言葉の意味やざっくりとした概要が分かったところで次。

バイナリーオプションの3種類の取引方法

バイナリーオプションは価格の予想を行うだけのシンプルな取引方法といっても、実際には3種類の取引方法があります。

1.価格が上がるか下がるか予想する「ラダーオプション」
2.条件を満たせば利益確定できる「ワンタッチオプション」
3.値幅を予想する「レンジオプション」

この三つについてつらつら書こうかなと思ったのですが、結構な文字数になってきたので、
次回掘り下げていきたいと思います。(おーい。笑)

ぶっちゃけ、私の様なド素人にとって用語がまずハードルでもあります。
が、こういうのはきちんと理解してからでないと、調べものした時に言葉でつまづきますし・・、
少しづつアウトプットしていきたいと思いますね。

気長にお付き合いくださいませ。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。